二世帯住宅は悩みが尽きない!

家族の形やライフスタイルの変化と共に、近年注目度が高まっているのが二世帯住宅です。親世代と子世代が気持ちよく同居できる住居として、二世帯住宅を選択するご家庭が多くなってきています。

同居する場所として二世帯住宅を用意すれば、親と子、そして嫁と姑が程よい距離感を持って生活をすることができるでしょう。これまでの同居にありがちな各種トラブルを予防する効果が期待できます。また親世代と子世代が同居することによって、子育てや介護、そして食費や光熱費などの面で、さまざまなメリットが生まれると考えられます。

このようなメリットに注目し、実際に二世帯住宅の建築を決める方も少なくありませんが、実際にはトラブル続きで悩んでしまう方も少なくありません。家づくりは、単世帯であっても決して簡単なことではありません。ましてや二世帯が生活する家を作るということになれば、さまざまなトラブルが予測されるのも当然のことだと言えるでしょう。また二世帯住宅に関するトラブルは、完成後の家族仲やその生活にも影響を与えてしまうという特徴があります。

実際に一緒に生活をスタートさせた後に、余計なもめごとを起こさないためには、二世帯住宅を建築する前に、各種注意点を考慮しておく必要があります。もちろんこれは、どちらか一方の世帯のみが意識しても意味がありません。必ず、同居する二世帯の共通認識として意識してみてください。いったん壊れてしまった家族仲を改善させることは、決して簡単ではありません。改善の前に、まず円満さを壊さないという意識が重要となります。

2世帯住宅の悩みについて説明する女性特にトラブルになりやすいのが、住宅建築に関わるポイントと、建物完成後の生活ルールについてです。住宅建築においては、両世帯の譲れる点と譲れない点を明確にし、希望を叶えてくれる工務店を探すことが大切です。親世代と子世代のエリアをはっきりと分けることがトラブル予防のコツとはなりますが、分けるエリアが増えれば増えるほど、建築コストはかさみやすいという特徴があります。このあたりのバランスを考慮しながら、家族みんなが円満に暮らせる、最善策を検討していきましょう。

一方で、建物完成後の生活ルールについても、できるだけ早い段階でお互いの認識をすり合わせておくことをおすすめします。子世代のうち、実の親と同居することになる立場の人がリーダーシップをとり、全員の意見をまとめていくと、全員が納得できる結果につながりやすくなるはずです。

いろいろと悩みが尽きない二世帯住宅ではありますが、生活面や金銭面において、単世帯住宅にはないメリットが生まれる点はまぎれもない事実です。悩みを上手に解決して、理想の住まいを手に入れましょう。